MEDICAL GENOCIDE
メディカル・ジェノサイド

現在の中国では、どの国よりも多く、臓器移植が行われています。しかし臓器源に限りがある中で、どこから臓器が取られているのでしょうか?

国際的な調査者による10年にわたる調査の結果、巨大な臓器移植産業の需要を満たすため、中国政権が良心の囚人を系統的に殺害していることが明らかになりました。

世界中の患者が中国で渡航移植している現在、臓器のための殺害はグローバルな犯罪と化しています。

犯罪:

17年以上継続
国家が駆動
医師が実行
心身の消滅
現代社会の試練

10年にわたる調査

国際的な調査者が中国の数百の移植病院にあたり、その収益・病床数・稼働率・移植専門スタッフ・養成プログラム・国家資金などを詳査しました。資料源は、メディア報告、公式声明、医療関係の学術誌、病院のウェブサイト、保存されたウェブサイト、内部告発者の証言による裏付けなどに及びます。これらの情報を網羅し照らし合わせることで、調査者たちは、国家・軍・民間を動員した系統的な医療虐殺の制度を判明させました。

最新の調査結果

オンデマンドの移植

数年間の移植待ちが通常なところ、中国の病院では数週間もしくは数日で手術ができると公表しています。これらの病院は外国人の患者を対象に広告を出しており、事前に手術日が予定されます。

大量の移植件数

最新の調査では、中国での移植件数は公式数字の1万件をはるかに超えていると推定されました。自主的ドナーがほとんどいないにもかかわらず、移植件数は世界のどの国にも勝るのです。

国家による犯罪

処刑された死刑囚と自主的ドナーという公式発表の臓器源は、中国の臓器移植件数のごく一部にしかあたりません。臓器源のほとんどは、良心の囚人から望まれずに摘出されたものなのです。

世界の対応

イスラエル、スペイン、イタリア、台湾は、国民が非合法の臓器源による移植手術を中国で受けることを制限する法律を通過させました。

欧州議会と米国下院議会では、中国での良心の囚人からの 臓器収奪を譴責する決議案を通過させました。

具体的な行動

人道を脅かすおぞましい犯罪をやめさせるため、下記の行動を提案します。

  • この問題について学び、広める。
  • 自分の地区を代表する政治家に働きかけ、個人や機関が共犯になることを防ぐ法規を支援する。
  • 『メディカル・ジェノサイド』のビデオとこのウェブサイトをシェアする。

署名する

声をあげ、この問題に対する世界のリーダーの関心を高めるために署名した数百万人の仲間になりませんか?